同人サークル『ばんり組!』のブログです。百合アンソロジー「神様はなにも禁止なんかしてない」3月21日リリース!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

特賞ですって!

こんにちは。ばんり組!忍です。
今日はHNの前に「ばんり組!」って名乗っても心苦しくないぞ。同人のお話です。

ずいぶん古い話なんですが、garbagememo さんに「今年の百合物件を振り返るシリーズ『特賞』」をいただきました!
じつは2010年も同じように特賞いただきまして。なんと2年連続受賞ですよ、すごーい!
それもこれもご協力いただいた作家さまたちのおかげです、ホントに。その節は本当にみなさまお世話になりました。

とまあ、以前ならありがとうございますとても嬉しいですで終わってましたが、もうあんまり同人とは関係ない毎日になりつつあるので、諸々所感など。

せっかく褒めていただいてるのにアレなんですが、私のやってることって「同人ゴロ」とか「同人やくざ」とか言われて、忌み嫌われる所業みたいですよ? なので、みなさんあんまり真似しないように(笑)。
読者は安い価格でたくさん作品を読めるし、作家さんは在庫の心配もないだろうし、私は“all win”だと思いますけどねー。なにがいけないんでしょうね? 「神様はなにも」に限っていえば、舞村さんが百合作家として爆誕してくださったし、百合業界にも貢献してるじゃないですか。褒められこそすれ、貶されるのは納得いかない。

ま、真似しないように、なんて書きましたけど、誰にでも真似できることじゃない、と私は思っています。
ちょっと前までなら「クリエイティブな才能なんてなくたって作品は作れるよ! 同人誌初めてだって全然だいじょうぶだよ! 必要なのは百合を愛する気持ちだけだよ!」なんて言ってましたけど、もー今はそんなウソはつけない。あんなこと言えたのは私が百合に飢えていて、もっとたくさん良質な作品を私以外の人に作ってほしいと思っていたからです。

ウソ、は言いすぎか。確かに創作能力ないし同人誌初めてだったし。でも足りないものがあります。
それはコネです。りーるーさんとみらさんは友達からの紹介でして、お二人とのつながりが、品質の点からも売上の点からも成功要因として大きかった。お二方にゲームを作ったときから参加していただけたのが勝因です。本来であれば、あんな有名作家さん方に参加してもらうのは、たぶんそんなに簡単じゃないはずです。

なのでまー同人ゴロだしコネだしで、あんまり褒められたもんではないですよ、っていうお話でしたw

--------
(2012-03-08 追記)
ちょっと言葉足らずなので。
「神様はなにも」の成功は、もちろん当然大前提として、参加してくださった作家さん全員が素晴らしかったからです。
その参加してくださった作家さん含め「神様はなにも」が成功したのは「四月になれば」の成功があったからだ、と言いたかったんです。
「四月になれば」がなかったら「神様はなにも」の成功はなかったと思う。
りーるーさんとみらさんはゲーム本体ではなくおまけ本への参加なのでゲームのクォリティ自体にはあんま関係ないっちゃないです。でも、りーるーさんが委託してくれたおかげで初売りはコミケのお誕生日席だったし、みらさんが相互リンクしてくれたおかげでアクセス数が伸びた。
「四月になれば」はいいゲームだったと思っています。でもいいものが必ずしも成功するとは言えません。成功したのは二人のおかげです。
で、参加作家の中でも特に「神様はなにも」は嵩乃先生っていうガチでプロな方が表紙を描いてくださるっていう、もうこれ以上はないくらい僥倖に恵まれたワケですけども、表紙を依頼したときに、先生は「四月になれば」のことを知っていてくれたんです。これだよ! ここが重要! そりゃ先生が非常に寛大だったことはもちろん当然大前提としてありますけど、もし「四月になれば」がなかったら受けてくれなかったかもしれないと思っています。「四月になれば」名刺代わりとして必要にして十分な機能を果たしてくれました。
「神様はなにも」は「四月になれば」があったればこそ、とまあこんなことが言いたかったのでした。
スポンサーサイト
2012-02-11 : 同人つれづれ考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

同人幸福論

完膚なきまでににAKB48商法のカモにされているばんり組!忍です。こんにちは。
ここ数ヶ月、クレジットの請求額が5万を下ることがないんですよ、こえーw
さて今日は同人トーク。

「なんていうか・・。同人活動の壁を感じている」
http://togetter.com/li/207296


さて上記のまとめ、読んだ同人屋さんも少なくないかもしれません。

私はこのまとめを読んだとき、昔読んだエッセイを思い出しました。
うろ覚えですが、作者いわく「ケーキバイキングに来ている女性たちの話題は大抵『ダイエット』か『彼氏ほしい』だが、これは矛盾も甚だしい。なぜならケーキを食べていればやせるわけがないし、女ばかりでつるんでいたのでは恋人などできようもないからだ」。

まったくその通りなんですが、じゃあなぜそんな矛盾した言動を取るのかというと、彼女たちの「やせたーい」とか「彼氏ほしーい」っていうのは、単なる願望なんじゃないかなーと思うのですよね。そうなったらいいな、みたいな。
朝目が覚めたら体重が激減しててほしいとか、曲がり角でステキな男の子とぶつかったらその子が転入生だった、とか。宝くじ当らないかなーレベルのなんとなくの希望。願望までもいかず、単なる話のネタレベルなのかも。

上記のまとめでつぶやいてる人も、なんとなく「売れたらいいなー」っていうレベルなんじゃないのかな、と。
なぜそう思ったかというと、いただいたアドバイスのリストアップをされていらっしゃいますが、正直今頃こんなことかよ!? という内容だったので。本当に「売れたい」なら最初に考えるようなことじゃねーのかよ、と。

まず、本当に「○○したい」ってなると、もっと具体的な目標を立てるんじゃないだろうか、と思うんですよね。
「やせたーい」⇒「あと1ヶ月で体重を2kg落とす」、「彼氏ほしーい」⇒「来月までに新しく3人のメアドをゲット」とか。で、その目標を実現するには、じゃあどうやったらいいか、という具体的な手段を検討し始めるんじゃないでしょうか。「毎食のカロリーは500Kcalにする」とか「今月中に合コン5回は行く」とかね。

まとめの人がリストアップしてる内容は、同人の奥義!とかじゃなくて、ちょっと考えたりネットで調べればいくらでも出てくるちょっとしたTipsみたいなモンですよね。てか少なくとも私がちらっと調べたら出てきたような内容ばかりでした。なので、まとめの人はちょっと考えたり調べたりすらしてないって事になるんじゃないんでしょうか。それでホントに「売れたい」のかっていうと……。


思うにですね、バイキングの女性たちもまとめの人も考えてることはたぶん同じで、「幸せになりたい」とかなんですよ。ぼやっとしたつかみどころのない望み。「売れたら幸せじゃないかなー」みたいな。

ただ幸せに到達する具体的な目標やゴールを設定できないと、それを実現する手段も見えてこないので幸せになるのは難しいかもしれません。さらに言えばその目標やゴールの実現に向けて走る、そのこと自体が幸福だったりするのかもしれない。


私みたいな同人ゴロには同人屋の幸せはなんだかよくわかんないですけど、まとめの人の具体的な幸せってホントに「売れる」ことなんでしょうか。ていうか、私はてっきり同人屋の幸せは「創作そのもの」だと思っていたんですけど。
2011-11-08 : 同人つれづれ考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お叱りをうけました(´・ω・`)

こんにちは。ばんり組!です。

マナーがなってない、とお叱りを受けてしまいました(´・ω・`)

非表示コメントだったの迷ったのですが、やはりマナーは広く啓蒙されるべきだと思うので
全文を掲載したいと思います。

「妄想」小説って…。
書いてる方にちょっと失礼な気がしますけど。
また、AK○など実在の人物を創作対称にしたものは生ものと呼ばれていてマナーがありますよ。
多分、「妄想」小説のサイトにも書かれていると思いますが。
まれに失礼な物言いがあるので気になりました。

(○は筆者による伏字)


> 「妄想」小説って…。
> 書いてる方にちょっと失礼な気がしますけど。
「妄想」小説が失礼な言い方だったとは気がつきませんでした。
というのも、各サイトさんにて「ここは妄想SSサイトです!」等の紹介がなされていたので
一般的な呼称だと思っていたためです。
ですが、たとえば「あたしってデブだから‥」と仮に本人が言っていても、その人を指すときに
「あのデブの人」とは言わず「ふくよかな方」「ぽっちゃりしてる人」等表現を変えることがあるので、
そういった類のことなのかもしれない、と考え、今後は妄想小説とは言わず「ファンタジーノベル」
に言い方を改めたいと思います。


> また、AK○など実在の人物を創作対称にしたものは生ものと呼ばれていてマナーがありますよ。
> 多分、「妄想」小説のサイトにも書かれていると思いますが。
次に「生ものと呼ばれてマナーがありますよ」というのがかなり困りました‥‥。
だって私が創作してるワケじゃないですし‥‥。
となると、当該サイトに対する態度ということですよね?
でも「どこどこサイトの百合ファンタジーノベル最高!」とか紹介してるワケでもないですし。
当該サイトの「初めての方へ」等の注意書きを再度読んだところ、「百合が嫌いな人は読まないで下さい」
「実在の人物や権利者とは関係ありません」「当サイトから公式サイトに飛ぶような行為禁止(リファラ
によって存在がわかるという不安?)」等くらいで、特に守ってない点はなかったです。


しょうがないのでWEBで検索したところ、こんなサイトがヒット。
芸能同人のルールとマナー

この中にあった以下の内容のことだったのだ理解できました。

■同人は仲間内のもの。分からない人の前でその話題を持ち出さない。

自分の大好きなタレントが勝手にホモ扱いされていたら、普通の人ならどう思いますか?
「気持ち悪い!」「やめて!」と思っても当然です。



つまり、検索等で当ブログを閲覧してくださった方に実名を出して「百合ファンタジーノベル最高!」
とか言ってはいけないということなのですね。ということで今後は「総選挙で有名な女性アイドルグループ」
に言い方を変えたいと思います。


> まれに失礼な物言いがあるので気になりました。
私も気になることがありました。というか、怖っ! という感じ。
ちょっと長くなるので別の記事にしたいと考えています。
2011-08-27 : 同人つれづれ考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

名前の付け方

こんにちは。ばんり組!忍です。

ここ最近、舞村さんが日記で百合語りをされてるのをみて、(もちろん「神禁」の販促活動をしていただいてるのだとも思いますが)「なんだーもともとかなり百合好きなんじゃーん(人差し指でおでこつん)」なんて思いました。
いいですねぇ、こうして百合作家さんが増えていけばいいのに!

なんかこう、舞村さんみたく、この素晴らしい作家さんの百合が読みたい!って方、他にいらっしゃいませんか?
これは!って方がいらしたら、ばんり組!は頑張っちゃいますよ、ホント。自薦他薦問わず。
ま、舞村さんときみたいにうまく行くとは思えませんけど、努力だけは…。てか舞村さんときはうまく行き過ぎた。いや、他の方についてもうまく行き過ぎました。なにもかもうまく行き過ぎた本、「神様はなにも禁止なんかしてない」は絶賛配布中です。

さて今日はタイトルとか名前をつけるときに考えてること、をつらつらと。

■ばんり組!
サークル名は、屋号からとりました。
サークル名には自体にあんまり思い入れはないんですが、つけるときには

イッパツで読めること
イッパツでサークル名だと認識できること
地味め

を心がけました。
まずひらがなであればイッパツで読めるだろうし、なんかどちらかのサークルさんで「××組」って見かけたことがあって、確かに「××組」ってサークルっぽいし。

サークル名やHNは、ビジュアルノベル「四月になれば彼女は」の宣伝開始のとき初めて表に出たわけなんですが、例えば初めてサイトを訪問して下さったときに、「四月になれば彼女は」「ばんり組!」「忍」って3つならんでて、どれが作品のタイトルで、どれがサークル名で、どれが中の人なのか、を誰でも一瞬でわかる必要があると思ったんです。で、他の2つは忘れていい(てかどうでもいい)から「四月になれば彼女は」だけは覚えてほしかった。「四月になれば彼女は」だけに意識を集中してほしかったんです。

もちろん、ブランディングとか考えるとサークル名も重要になってくるんでしょうけど、そんなのずーっとずーっと先の話……ていうか、たくさん作品をだせる大手さんには関係あるんでしょうけど、うちみたいな零細サークルはねぇ。とにかく読めてサークル名ってわかればいいんですよ。

『!』をつけちゃうのは、なんていうか私のクセっつーか。文章中にサークル名が出てくるとうっとおしいことこの上ないですよねー。やめときゃよかった。
ちなみに忍というハンドルは以前から使っていますが、あまり奇抜なハンドルを使うと、オフ会とかでなんとも恥ずかしい思いをするという経験から、名前として違和感ないものにしています。


■四月になれば彼女は
「四月になれば彼女は」はサイモン&ガーファンクルの曲「 April Come She Will 」の邦題です。
英語そのままもいいですけど、この翻訳いいですよね。響きも字面もステキ。イッパツで読めるし、イッパツで覚えられますし、本当にタイトルとして秀逸です。
この素晴らしさは、本のタイトルになってたり、お芝居のタイトルになってることからも、うかがえると思います。
「四月になれば彼女は」は主人公のパッとしない3年生が、四月になって新しい後輩との出会いによって成長するっていう爽やか青春ストーリーな内容だったので、ピッタリじゃん!と思って。ただ、サイト等ではあまりその部分のアピールが薄かったな、と反省しています。

タイトルをこんな風によそからお借りするのは、創作者の方々からは眉をひそめられる行為からもしれません。でも私は制作担当なので。イッパツで覚えてもらえるくらい印象的でかつ作品にマッチしたタイトルが欲しいわけで、そんなの私みたいな素人が考えるより、言葉のプロが考えてくれるほうがいいものに決まってる、と思うわけです。
タイトルって、やっぱ広報的にも超重要な部分なワケですから、商業作品のタイトルなんてそれこそ素晴らしい名前がたくさんあります。それをお借りするんだから、タイトルとして外れることはないだろうなと。

それに当サークル初の作品だったので、失敗したくなかった。世の中の誰も「ばんり組!」なんて知らないわけでして、何が何でも作品を覚えてもらって、百合ファンの方に興味を持ってもらうためにも、タイトルは本当に悩みました。

効果のほどなよくわかんないですけど、私は気に入っています。


■神様はなにも禁止なんかしてない
川本真琴「1/2」より。
いつかこれをタイトルにした百合ゲーつくろう、と思っていました。
私にとっての百合をかなり端的に表現している言葉だなーと思って。「1/2」自体が百合っぽい曲ですしね。
アンソロのタイトルはいくつか候補があったんですが、表紙イラスト見たときにこれだ!と思って。
あと、イラストから「朝日のようにさわやかに」もチラっと考えましたが、やっぱ百合アンソロなだけに、全作品を包括するような、百合っぽいタイトルじゃなくちゃダメだよな、と。
私はイラストにも本の性質的にも合ってると思うし、イッパツで読めてインパクトもあって覚えやすいだろうってことで気に入ってます。
ただ、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が『もしドラ』って言われるような、すんなり呼べる愛称・略称が付けにくいのが難点といえば難点かなーと。一応「神禁」にしてますけど、う~ん。

ちなみに「朝日のようにさわやかに」は、JAZZのスタンダードナンバー、らしいです。私は恩田陸の「朝日のようにさわやかに」で知りましたけど。誰も突っ込んでくれないんですが、ロゴの英文には「朝日のようにさわやかに」の歌詞の一部をちょこっと使わせてもらってます。


なんでレビューがパッとしないのか。
恩田節炸裂した、非常に素晴らしい短編集です。超オススメ!
JAZZの「Softly as in a Morning Sunrise」の歌詞って全然「朝日のようにさわやか」じゃないんですよね。
そんなところもまた恩田さんっぽい。
2011-06-06 : 同人つれづれ考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ロゴデザインの持つチカラ

こんにちは。ばんり組!忍です。

さて同人やって最も勉強になったことのひとつとして、パッケージデザインがいかにすごい威力をもつかがわかったことがあげられます。
で、まあ実際にどうすごいかをロゴを例としてごらんになっていただこうかと。
下記は「神様はなにも禁止なんかしてない」ロゴのプロトタイプです。

ロゴ緑

ロゴピンク

雰囲気が全然違いますよね。ロゴの色が違うだけなんですけど。
ピンクロゴの画像のほうは、華やかな女の子っぽいカンジがするし、緑ロゴのほうは爽やかかつ神聖というか…ちょっと硬い雰囲気になります。
これが本の表紙や、パッケージの全面にあったとして、中身へのイメージって全然違ってくると思うんですよね。
繰り返しますけど、ロゴの色が違うだけなんです。それでこんなに雰囲気が左右されるちゃうんですもん。すげー威力だなって思いませんか?


で、実はこの緑バージョンとピンクバージョン、どっちを採用するか、めちゃくちゃ悩みました……。
そう! 悩むんだよ! 経験も能力も低いから、なにがより正しいのか、わかんないことだらけなんだよ!
(そういや「神様は何も」にするか「神様はなにも」にするかでも悩んでた)
こういうところが制作担当として致命的だな、と思うのですけど。ま、それはさておいて。
なんつーかこの緑ロゴのが「正しい」カンジがするんですよね…イラストとの相性的に。はまってるっていうか。
あとデザイナさんいわく、『最近エロゲでも「これは本当にエロゲなのか……?」なあまりエロさを出さないデザイン』があったりするらしく、さらにはちょうど百合姫がリニューアルして表紙なんかも確かに百合っぽくないカンジになったりして、緑ロゴでいくか……と思ったりもしたんですけど。

まあなんでピンクにしたのかっていうと、一言でいうとわかりやすくするため、でしょうか。
アンソロ本なので、くくれる項目が「百合」しかないじゃないですか。なので百合っぽさ=ピンクっていう。
百合姫があえて百合らしさを捨てることができたのは、読者はもうわかってるじゃないですか。
でもウチみたいな零細サークルが出す本なんてどんなものかフツーわかんないでしょ?
事前知識一切なしの人でも、ぱっと見ただけで「女の子同士が恋愛している話が描いて/書いてある本」だってわかる必要があると思ったので。
もしも表紙のキャラクタが出てくるだけの、単体の作品であれば迷わず緑ロゴでしたけど、百合アンソロということを鑑みてピンクにしてみました。

でもいまだにこの判断が正しかったのかどうかはわからないですねw
ちゃんと作品の本質やその素晴らしさを伝えられる判断だったかなーと。
緑ロゴにしてたらどんなだったかしら、と今でも思ったりもします。
2011-04-20 : 同人つれづれ考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

忍@ばんり組!

Author:忍@ばんり組!
同人サークル「ばんり組!」の忍といいます。サークルといってもぼっちですw ジャンルは百合ですv

2009年に百合ビジュアルノベル「四月になれば彼女は」を制作。
2011年は、百合アンソロジー「神様はなにも禁止なんかしてない」を全力配布中!
2012年は秋葉原出身の某大人数アイドルグループに突如目覚め、イベントだの握手会だのに楽しく年貢を納めて東奔西走しています!(同人活動どこ行った←

※ここで書いているのは、あくまでワタクシ一個人としての意見です。当サークルの作品に参加された方々とは一切無関係です。ご了承下さい。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。