同人サークル『ばんり組!』のブログです。百合アンソロジー「神様はなにも禁止なんかしてない」3月21日リリース!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

特賞ですって!

こんにちは。ばんり組!忍です。
今日はHNの前に「ばんり組!」って名乗っても心苦しくないぞ。同人のお話です。

ずいぶん古い話なんですが、garbagememo さんに「今年の百合物件を振り返るシリーズ『特賞』」をいただきました!
じつは2010年も同じように特賞いただきまして。なんと2年連続受賞ですよ、すごーい!
それもこれもご協力いただいた作家さまたちのおかげです、ホントに。その節は本当にみなさまお世話になりました。

とまあ、以前ならありがとうございますとても嬉しいですで終わってましたが、もうあんまり同人とは関係ない毎日になりつつあるので、諸々所感など。

せっかく褒めていただいてるのにアレなんですが、私のやってることって「同人ゴロ」とか「同人やくざ」とか言われて、忌み嫌われる所業みたいですよ? なので、みなさんあんまり真似しないように(笑)。
読者は安い価格でたくさん作品を読めるし、作家さんは在庫の心配もないだろうし、私は“all win”だと思いますけどねー。なにがいけないんでしょうね? 「神様はなにも」に限っていえば、舞村さんが百合作家として爆誕してくださったし、百合業界にも貢献してるじゃないですか。褒められこそすれ、貶されるのは納得いかない。

ま、真似しないように、なんて書きましたけど、誰にでも真似できることじゃない、と私は思っています。
ちょっと前までなら「クリエイティブな才能なんてなくたって作品は作れるよ! 同人誌初めてだって全然だいじょうぶだよ! 必要なのは百合を愛する気持ちだけだよ!」なんて言ってましたけど、もー今はそんなウソはつけない。あんなこと言えたのは私が百合に飢えていて、もっとたくさん良質な作品を私以外の人に作ってほしいと思っていたからです。

ウソ、は言いすぎか。確かに創作能力ないし同人誌初めてだったし。でも足りないものがあります。
それはコネです。りーるーさんとみらさんは友達からの紹介でして、お二人とのつながりが、品質の点からも売上の点からも成功要因として大きかった。お二方にゲームを作ったときから参加していただけたのが勝因です。本来であれば、あんな有名作家さん方に参加してもらうのは、たぶんそんなに簡単じゃないはずです。

なのでまー同人ゴロだしコネだしで、あんまり褒められたもんではないですよ、っていうお話でしたw

--------
(2012-03-08 追記)
ちょっと言葉足らずなので。
「神様はなにも」の成功は、もちろん当然大前提として、参加してくださった作家さん全員が素晴らしかったからです。
その参加してくださった作家さん含め「神様はなにも」が成功したのは「四月になれば」の成功があったからだ、と言いたかったんです。
「四月になれば」がなかったら「神様はなにも」の成功はなかったと思う。
りーるーさんとみらさんはゲーム本体ではなくおまけ本への参加なのでゲームのクォリティ自体にはあんま関係ないっちゃないです。でも、りーるーさんが委託してくれたおかげで初売りはコミケのお誕生日席だったし、みらさんが相互リンクしてくれたおかげでアクセス数が伸びた。
「四月になれば」はいいゲームだったと思っています。でもいいものが必ずしも成功するとは言えません。成功したのは二人のおかげです。
で、参加作家の中でも特に「神様はなにも」は嵩乃先生っていうガチでプロな方が表紙を描いてくださるっていう、もうこれ以上はないくらい僥倖に恵まれたワケですけども、表紙を依頼したときに、先生は「四月になれば」のことを知っていてくれたんです。これだよ! ここが重要! そりゃ先生が非常に寛大だったことはもちろん当然大前提としてありますけど、もし「四月になれば」がなかったら受けてくれなかったかもしれないと思っています。「四月になれば」名刺代わりとして必要にして十分な機能を果たしてくれました。
「神様はなにも」は「四月になれば」があったればこそ、とまあこんなことが言いたかったのでした。
スポンサーサイト
2012-02-11 : 同人つれづれ考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

忍@ばんり組!

Author:忍@ばんり組!
同人サークル「ばんり組!」の忍といいます。サークルといってもぼっちですw ジャンルは百合ですv

2009年に百合ビジュアルノベル「四月になれば彼女は」を制作。
2011年は、百合アンソロジー「神様はなにも禁止なんかしてない」を全力配布中!
2012年は秋葉原出身の某大人数アイドルグループに突如目覚め、イベントだの握手会だのに楽しく年貢を納めて東奔西走しています!(同人活動どこ行った←

※ここで書いているのは、あくまでワタクシ一個人としての意見です。当サークルの作品に参加された方々とは一切無関係です。ご了承下さい。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。