同人サークル『ばんり組!』のブログです。百合アンソロジー「神様はなにも禁止なんかしてない」3月21日リリース!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「ブルー・フレンド 2巻」を読んだ

こんにちは。忍@ばんり組!です。

ブルーフレンド第2巻読みましたー。よかった。
これやっぱ「降っても晴れても」へのオマージュなんですかね?
や、だって美鈴ちゃんの別荘に2人で逃避行したあげく美鈴ちゃんがアレしてしまうとか、ほぼまんまですし。

「降っても晴れても」は、私としてはどーしても常盤クンの存在に納得がいきませんでした…。
だって常盤クン、超ナイスガイなんだもん。そりゃあ凪は比呂みたい面倒くさい子よりも常盤クンのほうに行くでしょうよ。凪が比呂を見捨てないのは、恋愛や友情などの葛藤っていうよりも、単に良心の問題なんじゃ?というカンジがしてしまって。

その点「ブルーフレンド」は常盤クンみたいなライバルは出てきません。
おぉ! 歩ちゃんは美鈴の気持ちに応えるのか!? どうなんだ、歩、どうなんだあぁぁ! と神無月の巫女のツバサ兄さんぽく期待してみたんですが、なんつーか最後までそのアタリは「私歩が好き」「え……」(以下大ゴマ&きらきら演出)とかで、はぐらかされてしまったように思います。 百合ファンとしては、もうちょっと突っ込んで欲しかったなーと思う一方で、突っ込むと「降っても晴れても」並に逃げ場のないしんどい漫画になるかもしれないんで、これはこれでよかったのかも、とも思いました。

結局「ブルーフレンド」は、美鈴ちゃん成長譚だったワケで、百合はあくまで脇役だったんですね。
そういえば「オクターヴ」もガッツンガッツンの百合でありながら、本質的には雪乃ちゃん成長物語だったりして、商業誌的には百合がど真ん中ーって難しいのかもしれない。読者が感情移入しづらいからかなあ。








スポンサーサイト
2011-02-17 : 読書感想文 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

忍@ばんり組!

Author:忍@ばんり組!
同人サークル「ばんり組!」の忍といいます。サークルといってもぼっちですw ジャンルは百合ですv

2009年に百合ビジュアルノベル「四月になれば彼女は」を制作。
2011年は、百合アンソロジー「神様はなにも禁止なんかしてない」を全力配布中!
2012年は秋葉原出身の某大人数アイドルグループに突如目覚め、イベントだの握手会だのに楽しく年貢を納めて東奔西走しています!(同人活動どこ行った←

※ここで書いているのは、あくまでワタクシ一個人としての意見です。当サークルの作品に参加された方々とは一切無関係です。ご了承下さい。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。